かんばん方式

トヨタ自動車が発案・実施している生産管理方式。生産現場で、連続する工程間の仕掛在庫を最小にするための仕組み。ジャスト・イン・タイム(J・I・T)を実現する為に実現する為に開発された手法のひとつ。
必要な物を必要な時に必要な量だけを作り、極力在庫を持たない生産方式のこと。最近では、環境問題やCSRの考えから、かんばん方式やJITが過度になると、少量物流によるトラックなどの運行が増えCO2増加につながるといった環境問題も指摘されている。