カーボンオフセット

生産活動などで排出される二酸化炭素などの温室効果ガスを出来るだけ減らし、どうしても削減することが出来ない部分については他の代替手段で埋め合わせしようとすることを意味する。代替手段には植林・バイオマスの利用、自然エネルギー(太陽光・風量・水力)への投資などがある。削減量は一定のルールに基づいて「クレジット」と呼ぶものに変えることができ、市場で取引される。このクレジットを購入し無効化をすることで埋め合わせをする。

※下記はバイオマス原料の使用によりオフセットを目指す参考図。