カーボンニュートラル

生産活動などで排出される二酸化炭素などの温室効果ガスを、植物などの自然界の吸収により差し引き「実質ゼロ」にすることを意味する。(2020年時点で)日本では年間12億トンを超える温室効果ガスを排出しており、これを2050年までに実質ゼロにすることを政府が打ち出している。

※下記はバイオマス原料の使用により実質ゼロを目指す参考図。