ダメージバウンダリー

製品が損傷する領域を、速度変化と加速度変化の数値で表した図。ある速度変化以上の領域では許容値が決定付けられ、それ以下の速度変化領域では製品自体が緩衝材となるため、それほど高いG値が発生しても破損しない領域を示す。