ピギーパック輸送

ピギーバック輸送とはトラックやコンテナを積載したセミトレーラーを、そのまま鉄道台車に搭載して列車輸送する方法。日本では深刻なドライバー不足だった1986年~2000年に当時のJRで実施されたが、現在では使われていない。専用の低床貨車が必要であったり、貨車への積み下ろしの問題、トラックにも改造が必要だったのもネックとなった。