帯電防止

業界によって意味合いは少し異なるが、帯電防止とは静電気等を防止するもので、導電性とは抵抗値に違いがある。帯電防止の場合、抵抗値は10^5くらいがベストとされている。