座屈

構造物が上下から圧縮荷重を受け、中央部が曲がってしまう状態をいう。長い構造物ほど起こり易い現象。座屈現象を引き起こす荷重をその構造物の座屈荷重という。