環境ホルモン

プラスチックや農薬など多くの工業製品に含まれ、生体のホルモンになりすまして生殖や性の発達を攪乱(かくらん)する化学物質。〈内分泌攪乱物質〉〈内分泌攪乱化学物質〉ともいう。これまでに、ダイオキシン、DDT、PCBなど約70種類の物質が環境ホルモンであることがわかっている。