KD包装(ノックダウン包装)

Knock Down(半完成品)包装のことで、主に海外工場での組立のため、製品を分解した状態での集合包装を意味する。

部品単位まで分解したCKD(Complete Knock Down)とサブASSYレベルまで分解したSKD(Semi Knock Down)がある。