KKD(ケーケーディー)

経験(K)、勘(K)、度胸(D)の頭文字を取って出来た言葉。数値的な根拠なく行われた設定・技法。行為を総称する。日本では古くから製造業に職人の技として根付いている手法。