日本パッケージングコンテスト
ロジスティクス賞受賞

Vol.045

2012年10月11日

シェアする

twitter facebook LINE


公益社団法人日本包装技術協会主催で毎年開催されます“日本パッケージングコンテスト2012”において、弊社応募の作品が「ロジスティクス賞」を受賞しました。
10月2日~5日に開催された東京パック2012のグッドパッケージング展で入賞作品が一堂に展示されました。弊社作品をご覧になられた方もいらっしゃる思いますが、本コンテストと弊社作品をご紹介させていただきます。

日本パッケージングコンテスト

このコンテストは、優れたパッケージとその技術を開発普及することを目的としています。
応募作品の中から、技術・デザイン・環境・アイデア・適正包装等、広範囲に亘り厳正な審査が行われます。日
本のパッケージの最高水準に達した作品が、入賞作品として表彰されます。
入賞作品には優秀の証として、GPマーク(Good Packaging)の使用が許可されます。
本コンテストは、一般消費者も目に触れる機会が多い生活者包装や工業製品・部品の輸送包装と包装の全てを網羅し、“デザインからロジスティクスまで”をカバーされているのが最大の特色です。

入賞作品の紹介

受賞作品は、廃棄物削減と作業性向上及びコストダウンを目的として、従来ワンウェイで海外に出荷されていた自動車用HUBの包装をリターナブル化した実例です。

外装は耐久性で実績のあるNEFAB社製のRePakを採用。
内装は仕切材としてPP製のシートを使用し、製品を平面的な配置から空間を利用する立体的な配置に変更しました。
この新しい包装仕様を取り入れたことで、入り数が格段に増え、物流コストの大幅な削減を達成するとともに、包装廃棄物ゼロエミッションも実現することができました。


                    製品の詳細はこちら

シェアする

twitter facebook LINE