作業時間が1/8に大幅短縮!!

Vol.103

2019年9月9日

今年も日本パッケージングコンテストの受賞作品が発表されました。
弊社包装技術部は、2007年から13回目の連続受賞を賭けてコンテストに挑み、包装の合理化・改善に著しく貢献した事例として、工業包装部門賞を受賞しました。

改善前の作業工程

現場は㈱ジェイテクト様の自動車のステアリング用カラーをセッティングする作業工程です。

カラーはリング状の金属部品で、これをマガジン(パイプ状の部品)に26個装填します。

改善前は、カラーを真空成形トレイのマスから1個づつ手で取り出してマガジンに装填しており、その作業に約25秒掛かっていました。

受賞作品「ステアリング用カラーの包装仕様改善事例」

そこで弊社がジェイテクト様と協同で開発したのが、予めカラー26個を装填した棒状の固定材を内装材にした包装仕様です。
通い箱から固定材を取り出し、そのままマガジンの内径に差し込むことで、カラーをスライドさせ一気にマガジンに装填することが可能になりました。

これにより、カラーの取り出しと装填を約3秒で終えることができ、大幅な作業工数の削減を実現しました。

輸送時の商品保護だけでなく、製造工程での作業性も考えた包装仕様。
トータルな提案力が弊社の特長です。