AILOP THAILANDのご紹介

Vol.34

2012年4月9日

シェアする

twitter facebook LINE


AILOP(THAILAND)LTD.は、中国に続く2番目の海外拠点として、タイの首都バンコクに事務所を設け、2012年3月1日から営業を開始しました。
日本国内の生産拠点が加速度的に海外に移っていく中で、日本企業の移転先のひとつであるタイにおいて、弊社のコアビジネスである包装設計、包装資材のご提供をして行きます。
今回は、スタートしたばかりのAILOP(THAILAND)をご紹介させていただきます。

ロケーション

AILOP(THAILAND)の事務所は、バンコク市内のバンナーという地域にあります。
バンコクは車の渋滞が激しいことで有名ですが、バンナーは中心部から少し離れているため、渋滞はひどくありません。BTSという高架鉄道の駅から1.8km離れており、BTSとタクシーで市内の中心部から40分ほどです。
また、国際空港からもタクシーで30分ほどの距離です。市内南部にある工業団地には渋滞を通らなくてもすみますので、移動には便利なロケーションです。

事務所紹介

現在、事務所のスタッフはタイ人4名です。
最も近いアマタナコーン工業団地は南に50㎞ほど離れたところにあり、9区画の広大なエリアに、400社以上の日系企業が進出されています。まずは、日本でもお世話になっている自動車、電機関係の企業様から、この工業団地内を中心に活動を広げています。
タイ王国は平均年齢が非常に若く、熱気と活気に溢れています。この熱気に負けないようにAILOP(THAILAND)も熱意と情熱を持って、夢は大きく、東南アジアの拠点になるように社員一同業務に邁進しています。
タイにご出張の折には、ぜひお声をおかけください。


タイへ進出される企業の皆様に、日本国内と同様に包装設計、包装資材のJIT供給、VE・VAによる提案ができるように体制を整えて行きます。
包装・物流でお困りのことは、タイでもアイロップにご相談ください。

シェアする

twitter facebook LINE