TOKYO PACK 2014
(東京国際包装展)

2014年11月6日

10月7日~10日の4日間、東京ビッグサイト東ホールにてアジア最大級の包装総合展であるTOKYO PACK 2014(東京国際包装展)が開催されました。

この展示会は包装の最新情報が集まる国際包装展として、第1回の1966年から隔年で開催されており、今回で第25回を迎えています。今年度の総来場者数は178,698名が来場され、前回の総来場者数175,870名を超えており、大盛況だったことが伺えます。(総来場者数は公式HPより引用)

弊社では最新の包装情報入手と共に、包装業界を知ることを目的として内定者の入社前研修としてTOKYO PACKへの見学を実施しております。

TOKYO PACK (東京国際包装展)とは

TOKYO PACKは包装材料、包装機械、物流サービスなど、国内外の包装産業に関連するあらゆる分野の企業600社余りが出展されました。
また、会場の各地にて開催されている16種に分類されたセミナーでは、最新包装技術や、世界各国の包装事情といった様々な話を聞くことができます。今年度はスペシャルゲストとして、テレビでおなじみの中央大学教授、武田邦彦先生と早稲田大学教授、池田清彦先生が講演をされていました。
同時に、日本パッケージングコンテスト受賞作品の展示等、様々なパビリオンも設置されておりました。

パッケージングコンテスト受賞作品

TOKYO PACKでは、日本パッケージングコンテストの受賞作品が展示されています。
花王㈱様の粉末洗剤アタックや味の素㈱様のCook Do香味ペースト、日本コカ・コーラ㈱様のいろはすといった商品も受賞しています。普段何気なく使用しているものではありますが、それぞれ包装面においてのこだわりを知ることができます。

弊社作品もこちらの2点が展示されました。

各受賞作品の詳細は公益社団法人日本包装技術協会のHP内にてご覧になることができます。