デスクウォールでコロナ対策

2020年4月18日

新型コロナウイルスは怖いけど、会社で仕事をしないと「困る!」という人も多いはず。出来るだけ人とを距離を置いて仕事をしたくても、現実問題難しいという方も多くいらっしゃると思います。
そこで必要になるのが、デスクウォール。弊社のお取引先様である、第一大宮株式会社の開発した商品を紹介します。

オフィスでのコロナ感染対策

新型コロナウイルは飛沫感染する事が知られています。このため、くしゃみや咳だけでなく、人と近づいて会話する事も出来るだけ避けるように言われています。でも、人と対面で話をする場合は、2メートル離れるといったことも難しいのが現実。
役所の窓口に段ボールの衝立(ツイタテ)を作ったり、スーパーやコンビのレジの前に透明フィルムを設置するなど、色々な工夫がされています。
会社のオフィスでも机と机の距離を広げたくても、スペースには限りはあるし、机を移動させるのは難しいと思います。

第一大宮デスクウォール1

そこで活躍するのが、第一大宮株式会社様の開発したデスクウォールです。オールプラスチックなので折り曲げて机と机の間に挟むだけで手軽に設置できます。また、プラスチック製なので、消毒液を使ったお掃除も簡単で、長持ちします。

第一大宮デスクウォール2
組立て説明
第一大宮デスクウォール3

また、壁の向こう側が透けて見える、ポリカーボネイトタイプも販売されています。この記事を読まれた方、購入を検討されてみてはいかがでしょうか。(チラシには、第一大宮株式会社さまの連絡方法が案内されています。)


第一大宮デスクウォールチラシ

hs_vol0008